喪服はしまむらで購入して正解?通販かしまむらか。

出張で県外へ行っていた時に、会社の同僚のご主人がお亡くなりになったことを知り、自宅へ戻る時間もなく葬儀へ参列することになりました。喪服だけでなくバッグや黒のストッキング、黒いローヒールのパンプスも持ち合わせていなかったので、全て揃うお店へ喪服を買いに行く必要があったのです。

緊急のことだとは言え、デパートで選ぶと数万円以上かかってしまいます。そこで出張先の近くにあったファッションセンターしまむらで、喪服等の葬儀参列に必要な一式を揃えることにしました。喪服は半袖ワンピースにボレロがセットになったタイプと、上下黒のセットアップスーツの2種類ありました。両方ともストレッチがきいて、楽に正座できる素材です。

葬儀中は長時間正座することになるので、喪服を買い足すならストレッチ素材のものを選びたいと決めていたので助かりました。私は葬儀に参列する時にはパンツスタイルではなくスカートを履くのがマナーだと思っていたので、半袖ワンピースとボレロのセットを選び、試着してみました。ワンピースは膝下丈なので、立ったり座ったりしやすいちょうど良い長さです。

体のラインが出にくい喪服を選びたかったのですが、ワンピースが思ったよりもピッタリサイズで、上にボレロを羽織ればカバーできるものの、少し抵抗があるためワンサイズ上のものを購入することにしました。ワンピースのウエスト部分に細い黒のリボンテープがついていたので、カジュアルな印象になるかもしれないと気掛かりでしたが、ボレロの前ボタンを留めたら見えなくなったので安心しました。そして葬儀中にバッグからハンカチやティッシュを出さなくて済むようにしたかったので、ボレロにポケットがあったのも購入の決め手です。

値段が9800円と安い喪服なのですが、素材や縫製もしっかりしているので、デパート等で売られている喪服と見た目がほとんど変わらず、高見えするのも気に入ったポイントです。黒のパンプスやバッグ、ストッキングなども喪服と一緒に無事に購入できたので、本当に助かりました。その後も繰り返し着る機会があり、何度もクリーニングしましたが、ヨレヨレにも白っぽくもならなかったので重宝しています。喪服はしまむらで購入して正解でした。

でも最近は通販も良さそうですね。しまむらと通販の喪服を比較したサイトがあったので、紹介しますね。≪しまむらの喪服は安いだけ?ブラックフォーマル購入時のポイント

カテゴリー: 未分類 | コメントする

老後の貯蓄が不安です※毎月のローン支払いで家計が苦しい

サラリーマンで奥さんが専業主婦です。犬を飼っていてこの犬の美容室の代金が毎月8千円ほどかかります。今の給料で住宅購入をしてローンの返済を行っている兼ね合いで少し生活が苦しくなります。住宅購入にかかった費用は3千万円です。

毎月のローン支払いが10万円かかるとして、やはり給料が20万円しかない状況であればどうしても余裕はありません。スマホ代が払えなくて困ったこともありました。(※携帯代払えない)少しイレギュラーで友達の結婚式や、ゴルフコンペが行われるとその時点で赤字の月となります。なんとかその採算はボーナスが支給される月にクリアー出来ますが、それまでは赤字が続きます。

ちょっと贅沢なものを購入すればその時点でマイナスとなるのでやはりそう言った生活は綱渡りの様で危険です。住宅も40歳を過ぎて購入して35年ローンを組んでいます。実質75歳までローンを払い続ける計算でありそこもハッキリ言って不安しかありません。

老後の貯蓄まで回るのかと言う心配が現状では有り、年金も支給される時期が遅くなっている所も今の仕事を何処までやれるのかにかかります。こうした不安の中で毎日生活を送るとやはり心にゆとりが無くなり良くない事も起こります。現状の生活で自動車の維持費を支払っている兼ね合いで自動車の修理に5万円なかかりました。

そうなれば当然少ない貯蓄から支払う事となり、自動車の維持も考え物となります。今の会社が通勤に自動車を使わなければ公共交通機関から少し離れている事もあり不便な状況となります。そこもやはりどちらをとれば良いのかと言った事ですが、当然自動車は消耗品でガソリン代やオイル交換費用やタイヤ交換などがかかります。

その支払いが来たり当然2年に一度の車検や毎年の重量税など自動車がかなりネックとなり貯金も当然出来ません。老後の不安を解消したいので、少し副業的にインターネットで稼いでいますがそれが無ければ更に生活が困窮します。副業で効率の良いものがあればやってみたいと感じます。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

3年前に突然脳出血を起こし人生初めての入院を経験しました。

私は40代の女性です。

健康だけが取り柄の私でしたが3年前に突然脳出血を起こし人生初めての入院を経験しました。

入院も初めてですし、ICUに入ったのも初めてで緊張していました。ICUの雰囲気は本当に緊迫していてテレビのドラマそのものです。生死の境をさまよう人ばかりが運ばれてきますので本当に緊迫しています。私はまだ意識がはっりしていたので目も耳も聞こえました。それがかえって緊張してしまい何度も看護師さんがやってきてくれました。

私は脳の血管から出血しておりかなり危険な状態でした。家族も呼ばれて親戚も集まってきた時は本当に死ぬにではないかと泣きそうになりましたね。

そんな時に看護師さんから、大丈夫ですよと優しく手を握られて安心して眠った記憶があります。その後、ようやく一般病棟に移っても夜中に1時間おきに様子を見に来てくださり、血圧を測ったり、瞳孔を調べたりとテキパキと仕事をされていました。まだ20歳そこそこの若い看護師さんばかりでしたが、夜勤勤務もこなして昼間も働いておられる姿に大変な仕事なんだなって思いましたね。

おかげで無事退院でき看護師さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。病気になって初めて大変な仕事なんだとわかりました。

娘はそんな看護師さんの姿をみてか、いつからか看護師を目指すようになりました。今は、看護学生求人を探しているところです。

娘にもあの時の様な看護師になってもらいたいなって思っています。

とても優しくてこころの綺麗な娘なのできっとなってくれると信じていますね(#^^#)

看護師って本当に大変なお仕事だと思いますが、ちょっとしたことで患者さんの心のケアができるって素晴らしいことだと思いました(*^-^*)

カテゴリー: 未分類 | コメントする